防犯優良戸建住宅認定制度

戸建住宅の防犯性能を高める防犯優良戸建住宅認定制度 戸建住宅の防犯性能を高める防犯優良戸建住宅認定制度

戸建住宅への侵入犯罪を抑止するため、防犯意識の高い居住者と優れた防犯性能を備えている住宅を「防犯優良戸建住宅」として認定する制度です。
一軒の戸建住宅から輪を広げ、全ての滋賀県民が安全で安心して暮らせる地域社会の実現を目的としています。

安全で安心して暮らせる地域社会の実現 安全で安心して暮らせる地域社会の実現

防犯優良戸建住宅認定制度とは

「犯罪企図者から侵入されにくい敷地内環境の整備」「防犯性の高い建築部品・防犯機器の設置による防犯性の確保」「居住者の防犯意識向上・維持」を目的とした一定の基準を満たせば「防犯優良戸建住宅」として認定します。認定されるとさまざまな特典があります※。

防犯優良戸建住宅認定制度フロー図 防犯優良戸建住宅認定制度フロー図

認定基準について

認定基準は、防犯のスペシャリスト集団「滋賀県防犯設備士協会」が滋賀県警、滋賀県防犯協会のアドバイスを受けて定めました。
頑丈な扉、鍵、ガラスなどの設備や防犯カメラや録画機能付きテレビインターホンを取り付ければ良いというものではありません。
それらの設備や機器が適切に設置されるように設計、施工、そして維持管理することが重要です。
防犯設備に関する専門的な知識・技能を持つ防犯設備士が、設計段階からより安全な住宅になるようにアドバイスします。

防犯優良戸建住宅イメージ

監視性の確保人の目を意識させる

犯罪者にとって人の視線が感じやすい構造とする

  • 敷地に人の目が自然に届くこと
  • 犯罪者が身を隠せないようにする
  • 録画機能付きTVドアホン・防犯カメラの設置

対象物の強化・回避住宅を強くする

物理的に強化、侵入を回避させる

  • 防犯ガラスや面格子、鍵などに防犯性の高いCPマーク※付き防犯建物部品を採用

CPマーク:防犯性能試験に合格し、防犯建物部品目録に掲載された製品

領域性の強化敷地をはっきりさせる

敷地を明確にして侵入しにくい空間とする

  • フェンスや門扉で敷地と公共空間を区別

接近の制御侵入を押さえる

犯罪者が物理的・ 心理的に侵入しづらい構造とする

  • 玉砂利やセンサーライトなどの設置
  • 室外機が足場とならいよう設置位置を工夫

防犯意識の向上・維持油断しない・隙を見せない

居住者への防犯に対する意識付けもフォロー

滋賀県内の住宅侵入窃盗の約46%は無施錠によります。
被害に遭わないためには、日常生活でも油断しない、隙を見せないことも重要です。防犯設備士が、日々の暮らしで気を付けるポイントを説明するプログラムを用意しています。

無施錠率 円グラフ

2021年
滋賀県内 住宅侵入窃盗
145件中 無施錠率 約46%

出所:『令和3年の犯罪概況』
滋賀県 県民活動生活課

このような方にお薦め

■戸建住宅の新築をご検討中の方

■リフォームを計画されている方

■日々の暮らしでこのようなお悩みの方

・具体的にどのような対策をすればよいか分からない!
・小さなお子様やご高齢者がお一人でお留守番をされる時間が多い!
・家の近くで犯罪があって不安!
・日常生活や行動でどんなことに気を付けたらいいの?

各種資料ダウンロード

防犯診断・プランニング イメージ

防犯診断・プランニング

防犯設備士が、ご家族構成や周辺の環境をチェックして、 気付きにくい危険を発見。

防犯のアドバイスをお受けになるだけでもOKです。お気軽にご相談ください。
お客さまの不安や防犯対策の目的をお聞きした上で、ご自宅や周辺を拝見し、必要な対策や具体的な方法をアドバイスいたします。